株式会社 瓦の上田

解体予定の納屋でしたけど、息子夫婦が帰ってくるという事で屋根、雨樋、壁リフォームしました。

鎧板壁を撤去して、断熱効果に優れた土壁を残してサイディングの壁にしました。

50年前まで西都市にも多くの瓦製造元がありましたから、そのころの瓦ではないでしょうか雨漏りもせずにしっかり作られた瓦でしたが、耐震性に不安が残るので勿体ないですが新しい防災瓦に取り換え雨樋も新設しました。

IMG_4212.jpg

IMG_4213.jpg

サイディングの色は景色になじむように蔵をイメージして2色に配色しました。

IMG_4214.jpg

IMG_4215.jpg

宮崎市恒久で築40年以上だと思われる、屋根リフォームをご用命頂きました。

以前に一部修理されているのか瓦の色が違いますね!

20150205028.jpg

所々、面戸の漆喰が剥がれていますので修理時期です。

40年以上前だと宮崎県内で製造された瓦でしょうか?
いぶし瓦独特の自然に経年劣化した色合いがとっても奇麗で
瓦の漆喰も丁寧に施工されています。

20150205022.jpg

昔の瓦施工は屋根の野地板に屋根土を敷き詰めて瓦を葺く土葺き施工が一般的でした。

メリットとしては屋根の断熱効果と土と瓦の接着効果による暴風対策、また現在の高品質の瓦と違い瓦を焼くときにネジレや寸法のバラツキがある瓦を奇麗に葺く事が出来ます。

現在は高品質の防水下地材や形状の安定した瓦が多く流通しているので土を使わない施工が一般的です。

(社寺や文化財には現在も屋根土を使い、瓦のネジレや寸法のバラツキを利用した施工もされています。卓越した職人しか出来ない施工ですが工期や施工価格の関係上一般住宅では行われていません。)

20150205041.jpg

屋根一面に防水下地材を敷き詰めて行きます。

20150205047.jpg

この瓦の線をご覧下さい!!奇麗です。

弊社職人の腕も良いのですが、新築時に腕の良い建築業者が建てているので屋根がしっかりしていて歪んでいません。

施工しやすいのか職人も満足そうでニッコリしていますね

瓦は緑窯業のいぶし瓦「ナイスだぜガッチリくん」を使いました、名前通りに瓦がパズルみたいに重なり合ってガッチリ施工できて地震や台風にとても強い瓦です。

20150205054.jpg

20150205057.jpg

20150205060.jpg

神社の屋根修理をさせて頂きました。

数十年以上の歴史を感じる物件です。

瓦の強度は非常に強く、その中でも鬼瓦は厚みがあり割れる事はありませんが!

鬼瓦が欠落しています。

2015taisyaku1.jpg

2015taisyaku2.jpg

屋根に落ち葉がたまっているので、落ち葉が水を含みスポンジの役目をして多分野地板まで痛んでいると思われます。

2015taisyaku3.jpg

弊社ベテラン職人の福元さんが痛んだ材木を撤去して瓦を葺くための野地板を作っています。

下地をきっちり補修する事で更に数十年間は建物が維持できます。

2015taisyaku7.jpg

鬼瓦や熨斗瓦の間にコケが生えて植物が育つことで瓦の下に水を吸い込むようになっています。

コケの生え方に時を感じてある意味奇麗ですね。と!言ってる場合じゃないので奇麗に掃除と修理します。

2015taisyaku4.jpg

2015taisyaku6.jpg

修理に必要な部分のみ解体して修復して行きます。

2015taisyaku8.jpg

2015taisyaku9.jpg

必要な部分のみ修復する事で神社の外観を継承する事が出来ます。

社寺仏閣の復元工事は屋根のリフォーム専門店「瓦の上田」をご用命下さい。

いつもご覧頂きありがとうございます。

屋根リフォームは屋根全体瓦を葺き替えると高いからな〜

とお考えの方に見て頂きたいリフォーム事例です。

大事な農機具が入った小屋で雨漏りは修理したいけど屋根全体を新しくはしにくい場合、雨漏りの酷い箇所だけリフォームする事をお勧めします。

2015ikeuchi1.jpg

雨漏り個所にビニールでカバーされていましたので、丁寧に瓦を取り除きます。

施工の注意点は修理箇所以外の瓦の上を歩くと古い瓦が割れたり下地材が破れて更に雨漏り個所が増えますから、必要な部分のみ修理する事です。

2015ikeuchi2.jpg

野地板を補修して下地材を奇麗に張ります。

これだけでも雨水が奇麗に流れて雨漏りしなくなりますが、先を見越して新しい瓦を葺きますよ!

2015ikeuchi3.jpg

新しい瓦は「平板陶器瓦」です。

よく新築に使われるオシャレな瓦ですね。

実は「平板陶器瓦」は和瓦に比べると同じ面積を少ない枚数で施工できるのでとっても安くできるんです。

屋根を安く修理・リフォームしたい時は屋根のリフォーム専門店「瓦の上田」をご用命下さい。

2015ikeuchi4.jpg

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

雨漏りを放置しておくと天井のシミや家財道具が濡れてしまうこともあります。

瓦のズレなどで雨漏りしている場合は瓦のズレを直す事で簡単に雨漏りが収まる事もありますし、放置すれば野地板や天井板の交換など雨漏り修理代がかさんできます。

屋根裏から雨音がした時は屋根のリフォーム専門店「瓦の上田」をご用命下さい。

天井の雨漏り染み

下地材の下に雨水が浸透した跡があり変色しています。

的確に雨漏り個所を診断できなければ余分な場所も修理してしまいますので注意が必要です。

下地材の下に雨水が浸透した跡

今回の雨漏り原因は、長期間2階屋根から集まった雨水が雨樋の外れた箇所で溢れ出し浸水した事が雨漏り原因でした。

初期の雨漏りはこのように雨樋を修理する事で安く修理できる事がほとんどですから

屋根裏から雨音がした時は屋根のリフォーム専門店「瓦の上田」をご用命下さい。

途中が外れた雨樋

P1000852.jpg

太陽光を乗せる前の屋根のリフォームに取り掛かります。

P1000871.jpg
屋根地が傷んでいたので大工工事で屋根を補強し、太陽光を乗せるのに似合うモダンなイーグルロックに葺き替えます。

P1000872.jpg

el_ng[1].jpg

これがマルスギ社のイーグルロックです。

瓦を固定する爪が付いた台風に強い瓦です。

MX-2600FN_20121201_113539_0023.jpg屋根の天辺に換気棟を取付けることで、屋根裏にこもりやすい熱気を効率よく換気します。

屋根裏の熱気を吐き出すことで結露やカビが発生しにくくなり、夏など暑い日には熱気が無くなりますので部屋の中が快適になります。

MX-2600FN_20121201_113539_002.jpg棟瓦の接合部分の施工です。

棟の段差が違う棟を接合する為に「そぎのし」といわれる三角の瓦を使用して綺麗な接合施工をしております。

MX-2600FN_20121201_114556_004aaaaaaaaaa.jpg瓦屋が最初に屋根にする工程に「下地張り」があります。台風や竜巻など自然が相手の屋根工事は雨漏りとの戦いです。

暴風などで不規則な角度から降ってくる雨を瓦だけで防ぐのは不可能です。

ほとんどの雨は瓦で防水しますが、万が一瓦の隙間から雨が浸水しても大丈夫なように「下地」を張ります。写真は下地の隙間をコーキングで接着し補強しているところです。

MX-2600FN_20121201_113942_00223233.jpg写真の瓦は島根県の江津で生産されている「石州瓦」です。特徴としては高い焼成温度で固く焼き締められ寒い地方に強い瓦です。

降り棟を取付けるため瓦を高精度に組み合わせて施工しております。

MX-2600FN_20121201_113539_0037.jpg