株式会社 瓦の上田

ぜひ見て下さい「瓦の上田施工集」

解体予定の納屋でしたけど、息子夫婦が帰ってくるという事で屋根、雨樋、壁リフォームしました。

鎧板壁を撤去して、断熱効果に優れた土壁を残してサイディングの壁にしました。

50年前まで西都市にも多くの瓦製造元がありましたから、そのころの瓦ではないでしょうか雨漏りもせずにしっかり作られた瓦でしたが、耐震性に不安が残るので勿体ないですが新しい防災瓦に取り換え雨樋も新設しました。

IMG_4212.jpg

IMG_4213.jpg

サイディングの色は景色になじむように蔵をイメージして2色に配色しました。

IMG_4214.jpg

IMG_4215.jpg

宮崎市恒久で築40年以上だと思われる、屋根リフォームをご用命頂きました。

以前に一部修理されているのか瓦の色が違いますね!

20150205028.jpg

所々、面戸の漆喰が剥がれていますので修理時期です。

40年以上前だと宮崎県内で製造された瓦でしょうか?
いぶし瓦独特の自然に経年劣化した色合いがとっても奇麗で
瓦の漆喰も丁寧に施工されています。

20150205022.jpg

昔の瓦施工は屋根の野地板に屋根土を敷き詰めて瓦を葺く土葺き施工が一般的でした。

メリットとしては屋根の断熱効果と土と瓦の接着効果による暴風対策、また現在の高品質の瓦と違い瓦を焼くときにネジレや寸法のバラツキがある瓦を奇麗に葺く事が出来ます。

現在は高品質の防水下地材や形状の安定した瓦が多く流通しているので土を使わない施工が一般的です。

(社寺や文化財には現在も屋根土を使い、瓦のネジレや寸法のバラツキを利用した施工もされています。卓越した職人しか出来ない施工ですが工期や施工価格の関係上一般住宅では行われていません。)

20150205041.jpg

屋根一面に防水下地材を敷き詰めて行きます。

20150205047.jpg

この瓦の線をご覧下さい!!奇麗です。

弊社職人の腕も良いのですが、新築時に腕の良い建築業者が建てているので屋根がしっかりしていて歪んでいません。

施工しやすいのか職人も満足そうでニッコリしていますね

瓦は緑窯業のいぶし瓦「ナイスだぜガッチリくん」を使いました、名前通りに瓦がパズルみたいに重なり合ってガッチリ施工できて地震や台風にとても強い瓦です。

20150205054.jpg

20150205057.jpg

20150205060.jpg

P1000852.jpg

太陽光を乗せる前の屋根のリフォームに取り掛かります。

P1000871.jpg
屋根地が傷んでいたので大工工事で屋根を補強し、太陽光を乗せるのに似合うモダンなイーグルロックに葺き替えます。

P1000872.jpg

el_ng[1].jpg

これがマルスギ社のイーグルロックです。

瓦を固定する爪が付いた台風に強い瓦です。

MX-2600FN_20121201_113539_0023.jpg屋根の天辺に換気棟を取付けることで、屋根裏にこもりやすい熱気を効率よく換気します。

屋根裏の熱気を吐き出すことで結露やカビが発生しにくくなり、夏など暑い日には熱気が無くなりますので部屋の中が快適になります。

MX-2600FN_20121201_113539_002.jpg棟瓦の接合部分の施工です。

棟の段差が違う棟を接合する為に「そぎのし」といわれる三角の瓦を使用して綺麗な接合施工をしております。

MX-2600FN_20121201_114556_004aaaaaaaaaa.jpg瓦屋が最初に屋根にする工程に「下地張り」があります。台風や竜巻など自然が相手の屋根工事は雨漏りとの戦いです。

暴風などで不規則な角度から降ってくる雨を瓦だけで防ぐのは不可能です。

ほとんどの雨は瓦で防水しますが、万が一瓦の隙間から雨が浸水しても大丈夫なように「下地」を張ります。写真は下地の隙間をコーキングで接着し補強しているところです。

MX-2600FN_20121201_113942_00223233.jpg写真の瓦は島根県の江津で生産されている「石州瓦」です。特徴としては高い焼成温度で固く焼き締められ寒い地方に強い瓦です。

降り棟を取付けるため瓦を高精度に組み合わせて施工しております。

MX-2600FN_20121201_113539_0037.jpg

MX-2600FN_20121201_113942_00112121.jpg写真の施工はのし瓦積みです、瓦を漆喰と緊結線で固定しているところです。

キレイに並んだ瓦、均等な緊結線施工です。

綺麗な施工は屋根も長持ちし見る人を魅了します。

MX-2600FN_20121201_113942_0014223.jpg

MX-2600FN_20121201_113539_0032.jpgパティオ(中庭)から青い空を眺めるととても気持ちがよくなりますね!

そのときにお施主様に気持ちのいい空を見て頂く為の技術が写真の袖瓦加工です。

一級技能士の職人が瓦をミリ単位で加工するのでとても仕上がりが綺麗な施工になります。