株式会社 瓦の上田

いぶし瓦の屋根リフォーム

宮崎市恒久で築40年以上だと思われる、屋根リフォームをご用命頂きました。

以前に一部修理されているのか瓦の色が違いますね!

20150205028.jpg

所々、面戸の漆喰が剥がれていますので修理時期です。

40年以上前だと宮崎県内で製造された瓦でしょうか?
いぶし瓦独特の自然に経年劣化した色合いがとっても奇麗で
瓦の漆喰も丁寧に施工されています。

20150205022.jpg

昔の瓦施工は屋根の野地板に屋根土を敷き詰めて瓦を葺く土葺き施工が一般的でした。

メリットとしては屋根の断熱効果と土と瓦の接着効果による暴風対策、また現在の高品質の瓦と違い瓦を焼くときにネジレや寸法のバラツキがある瓦を奇麗に葺く事が出来ます。

現在は高品質の防水下地材や形状の安定した瓦が多く流通しているので土を使わない施工が一般的です。

(社寺や文化財には現在も屋根土を使い、瓦のネジレや寸法のバラツキを利用した施工もされています。卓越した職人しか出来ない施工ですが工期や施工価格の関係上一般住宅では行われていません。)

20150205041.jpg

屋根一面に防水下地材を敷き詰めて行きます。

20150205047.jpg

この瓦の線をご覧下さい!!奇麗です。

弊社職人の腕も良いのですが、新築時に腕の良い建築業者が建てているので屋根がしっかりしていて歪んでいません。

施工しやすいのか職人も満足そうでニッコリしていますね

瓦は緑窯業のいぶし瓦「ナイスだぜガッチリくん」を使いました、名前通りに瓦がパズルみたいに重なり合ってガッチリ施工できて地震や台風にとても強い瓦です。

20150205054.jpg

20150205057.jpg

20150205060.jpg